総勢130名!2019年全社会議

エムステージグループは2019年11月1日に虎ノ門ヒルズにて全社員が集まる全社会議を開催しました。
今回は会議前にはMHR事業部のワークショップがあり、会議では10月1日にホールディングス化した経緯や今後の展望について、また新事業の話があるなど、内容の濃い1日となりました。

全社会議開催の意義

エムステージグループでは毎年1回、全国11拠点の社員が一斉に集まる全社会議を行っています。
大切な営業日をほぼ丸1日使い、会場費などの他に遠方の社員の交通費・宿泊費など莫大なコストがかかりますが、企業理念やビジョンをあらためて共有し会社の方向性を確認することで、全社員一丸となって目標に向かって取り組んでいくという思いがあり毎年実施しています。

参加する社員としては、経営陣の話を直接聞くことができ、また普段顔を合わさないメンバーと直接話ができる貴重な機会となっています。

17期事業報告と18期の展望

まずは代表の杉田より17期の事業報告と、ホールディングス化の経緯、18期の事業計画と今後の展望について話がありました。

17期もおかげさまで黒字となり、創業から17期連続の増収をもって18期を迎えることができました。
売上高は16期から27%増で着地しています。特に産業保健事業部の躍進は大きく、今後の事業成長にも期待ができます。

また2019年は「健康経営」や「働き方改革」のキーワードが産業保健、MHR両事業部にとって追い風となりました。
エムステージの事業が成長していくことはもちろん嬉しいですが、「健康経営」や「働き方改革」を重要視するといった世間の注目が集まっていることを大変嬉しく思います。

また18期はホールディングス化された初年度かつ、2025年の大きな目標に向けて非常に大事な1年となります。

「No.1に選ばれるのにはそれだけの理由がある。
選ばれるような“良い”サービスを提供し、継続していけば結果として返ってくる。」

代表の言葉に、身を引き締めた社員も多かったと思います。

その後も各部門長から業績報告及び、18期の目標、さらに今後の展望について共有がありました。

表彰式

表彰式では「永年勤続10年表彰」に2名、「新人賞」に1名、「年間MVP」に1名、「年間準MVP」に1名が選出されました。

17期の顔ともいえる受賞者の紹介を、コメントとともにさせていただきます。

永年勤続10年表彰にはMHR事業部の仙台支社の柳野さん、大阪支社の半野さんが該当し、代表の杉田と思い出話とともに過去10年を振り返りました。

柳野さん
「永年勤続10周年を表彰いただきありがとうございます。
皆さまのおかげと思っております。本当に感謝しております。
今後も自分ができる事をできる限り行い、頑張っていきたいと思っております。」

半野さん
「永年勤続10周年を表彰いただきありがとうございます。
『成長したい』という意欲があれば、その実現のために十分なバックアップをしてくれる会社に本当に感謝しています。また社内だけでなく、いつもお世話になっている医師・医療機関の皆様にも『人から学ぶ』大切さを色々と教えていただきました。
医療業界が抱える様々な課題を少しでも解決できるよう、今後も会社と共に歩んでいきたいと思います。」

新人賞には入社2年目の社員が選ばれました。

コメント「新人賞に選んでいただきまして大変嬉しいです。本当にありがとうございます。
入社時からスポットチームの皆さまをはじめ、本当に多くの方にお力添えをいただきました。
これからも感謝の気持ちを忘れずに、より一層活躍できるよう頑張っていきたいと思います。」

新人賞の名に恥じないよう、今後も精進していくと意気込みを語ってくれました。

続いて準MVPには産業保健事業部の徳田さんが選ばれました。
MVPは通常1名の選出なのですが昨年同様、準MVPの枠が設けられました!

「準MVPという素晴らしい賞をいただきましてありがとうございます。これまでの頑張りを認めていただいてとても嬉しいです。これからも新しい挑戦をしながら、より強固な組織になるよう日々努力していきたいと思います。」

そして年間MVPは、MHR事業部の福岡・那覇支社をけん引し圧倒的な売り上げを生み出した、吉丸さんが受賞されました。

「年間MVPに選んでいただきありがとうございます。
福岡支社の仲間やいつも支えて下さる会社の皆様に本当に感謝しています。
この一年間を通じて仲間に励まされ気づかされ、たくさんの学びをもらい、私自身成長できたと思っています。
この賞を弾みに新たに飛躍できるよう挑戦していきたいと思います。」

この他に四半期ごとに選出している「17期Q4MVP」には、産業保健事業部の西部さん、MHR事業部福岡支社の卯田さんの2名が選出され表彰されました。

手前味噌ですが、努力し挑戦したい人にはサポートが用意され、成果を出すことのできた社員は評価をされる、この社風はとても素晴らしいと思います。

最後に

2019年10月から始まった18期は、エムステージグループのホールディングス化元年となります。
新しい事業への挑戦や、社員の増員など変化の多い1年になることが予想されますが、「持続可能な医療の未来をつくる」というビジョンは不変です。

全社員一丸となってこのビジョンへの挑戦を続けていきます。
18期の新生エムステージグループも、どうぞよろしくお願いいたします。