受入患者数日本随一!湘南鎌倉総合病院救命救急センターの救急救命士の役割<後編>

医療法人沖縄徳洲会湘南鎌倉総合病院救命救急センターは、「運ばれて来た患者は100%受け入れる」という信条のもと、新生児から高齢者まで年間約43,000人の救急患者(そのうち、救急搬送は約14,000人)を受け入れています。なぜこのような膨大な患者数の受け入れが可能なのか。その背景にある救急救命士の活躍を取材しました。

▼前編はこちら
受入患者数日本随一!湘南鎌倉総合病院救命救急センターの救急救命士の役割<前編>

※この記事は「Dr.Lifeなび」の記事を再構成したものです。

山上 浩(やまがみ ひろし)
湘南鎌倉総合病院救命救急センター長。2003年福井大学医学部卒業後、内科医勤務を経て、2006年湘南鎌倉総合病院救急総合診療科へ所属。日本救急医学会指導医、日本救急医学会救急科専門医。

渡部 圭介(わたなべ けいすけ)
救急救命士。湘南鎌倉総合病院救命救急センター 救急調整室所属。2001年に救急救命士登録後、民間企業や消防での勤務歴を経て現職。

「救急調整室」が医師の仕事効率と治療のクオリティーを高めた

-救急調整室というシステムを導入したあと、どんな変化がありましたか?

山上浩医師

山上医師:医師がより治療に集中できるようになり、仕事のクオリティ-は格段に上がりました。救急調整室を立ち上げる前は、受け入れや転院の調整業務も医師や看護師が行っていましたからね。電話応対には数十分かかることもあり、治療だけに集中できることはなかなかありませんでした。電話応対をするために治療の手を何度も止めれば治療効率は当然落ちますし、患者さんも処置中に医師がコロコロ変わるのは不安な気持ちになりますよね。救急調整室を立ち上げてからは、よほどの理由がない限り医師は電話に出ていません。電話に出ないだけでも仕事効率はとても上がりました。

そして、さらに助かっていることは、患者さんの受け入れ決定から搬送されるまでの間に、救急調整室が既往歴・服薬歴などの必要な情報を集めておいてくれることです。無駄なやり取りなくスムーズに治療に取り掛かれますし、治療中に混乱しながら情報収集することもほとんどなくなりました。

このシステムを通して、各職種ごとの役割を明確化し分業することで、より質の高い医療を提供にできるようになると実感しました。また、このようなシステムが定着すると、メンバーが信頼し合って仕事を任せ合うようになるんですよね。チームに一体感が生まれ、全員のプロ意識が向上していくという面での相乗効果もあると思います。

泥臭い“院内・院外営業”で「救急調整室」を浸透

-本当に画期的なシステムなのですね。全国的にも珍しい取り組みと思いますが、システム導入にあたって、病院内で反発などはなかったのですか?

山上医師:当然ありました。ただ、「反発」というより「混乱」という方が正しいのかなと思います。新しいことを始める時は、最初は誰でも警戒しますよね。ですが、私は必要な改革だと確信していたので、理解を得られるまで誠意を持って丁寧に説明し、警戒心を解いていこうと心に決めていました。こういう時に近道はないので、泥臭く、ひたむきに行動するしかありません。

まず最初は、病院内の他科の先生に理解してもらえるよう、オリジナルのチラシを作って、配って回りました。そして次に、地域の近隣病院にも足を運び、医師と救急救命士が一緒に名刺を配りながら、救急調整室の設置の旨と救急救命士の業務内容について説明して回りました。

同時に、当院のERのキャパシティ、病院としての機能、地域におけるお互いの役割などについても、お話をしました。とにかくできるだけ多くの人に認知してもらいたい、その一心で挨拶回りを重ねていきました。

渡部圭介救急救命士

渡部救急救命士:この挨拶回りは、実際の業務にも大きな影響を与えました。例えば、当院では転院の患者さんを当院の病院救急車で搬送することが多いのですが、そういう時はかなりの確率で転院先の医師と対面することになります。挨拶回りをしたことで“フェイス・トゥー・フェイス”な関係になり、「あの時来てくれたあの人ね」となるので、言葉が少なくても理解し合えることが一気に増えるんです。人に会って、目的を共有することの大切さを改めて学んだ気がします。

病院同士の風通しを良くし、地域医療全体に貢献できる仕組みづくりを

-制度導入の裏には、そんな地道な努力があったのですね

山上医師:そうですね。こうして思い返してみると、たしかに大変なこともありました。でも、あの苦労があったから、今では他院との調整に困ることはほとんどありません。結局自分たちも働きやすくなったわけですから、大変でもやって良かったと思います。また、この経験を経て、私は改めて「医師としてどう働くか」を深く考えるようになりました。

当院のある神奈川県鎌倉市の高齢化率は現時点で既に30%を越していて、その環境に伴った地域全体での医療の向上が求められています。そして、多疾病罹患など高齢者特有の疾病の増加に加えて、ポストアキュートなど回復期領域の充実も重要なポイントになっています。さらに、地域の特性に加えて、人口動態や疾病構造の急激な変化、診療報酬などの制度、地域医療構想など、地域医療を取り巻く環境は激変しており、ひとつの病院ですべてをまかなうことは現実的ではなくなってきていると考えます。

だからこそ、地域の病院同士の風通しを良くして、各病院の特徴や特性に合わせた役割をしっかり全うすることが、地域医療全体の質を向上するためには必要不可欠です。地域医療に携わる医師には、時代の少し先を読み、それぞれの地域にはどんな医療が必要なのかを考える力が求められると思います。

当院の救急調整室が、地域医療にますます貢献できるよう、地域の病院に協力いただきながら、チーム全体で日々研鑽を積み重ねているところです。

救急救命士のニーズをさらに顕在化させ、診療報酬適用を目指す

-「救急調整室」について感じている課題や、今後の展望があれば教えてください

山上医師:救急救命士のメンバーをもっと増やしたいですね。現在、救急調整室は時間を限定して運営しているため、採用できる人数も限られていますが、これを近い将来には365日24時間体制にして、さらにパワーアップした組織に育てていきたいと考えています。そのために、救急調整室のメンバーには、業務中に気づいたことやアイディアなど、なんでも提言して欲しいとお願いをしています。本気で仕事をしているスタッフの想いは、必ず患者さんや地域医療に貢献すると信じているからです。

そして、個人的な想いとしては、救急救命士の待遇を、もっと良くしていきたいと考えています。そのためには、診療報酬適用が不可欠なので、当院の救急調整室の活動を多くの人に知っていただけるように広めていきたいです。

渡部救急救命士:救急救命士の就職先は消防であることが一般的ですが、これからは、病院で働く救急救命士もだんだんと増えてくると推測しています。病院での救急救命士の業務にも興味を持ってほしくて、私は定期的に母校の専門学生に話をする機会を作っています。

また、山上先生をはじめ、先生方に「必要だ」と言ってもらえることは、私たち救急救命士にとって何よりのやりがいにつながります。これからも「患者ファースト」の理念を持って、少しでも先生方のお役に立てるよう、学会などにも積極的に参加して自己研鑽を続けたいと思います。

▼前編はこちら
受入患者数日本随一!湘南鎌倉総合病院救命救急センターの救急救命士の役割<前編>