【秋の健診&インフルエンザ予防接種求人特集】医師にとって「健診の仕事」とは?

ついこの間まで暑くて冷房も欠かせないという気候だったのに、いつの間にか肌に冷たい空気を感じはじめました。とくに朝晩はだいぶ過ごしやすくなっています。もう秋がやってきたようですね。

さて、秋といえば健康診断!医師の皆さま・医療機関様にとっては健診業務のピークの時期に突入です。エムステージでも、スポット勤務を中心に多数の健診求人を扱っています。

この健診業務、医師の皆さまからはどのようなイメージを持たれているのでしょうか。今回は、「Dr.なび」の会員の中でも健診業務に勤めたことのある医師の皆さまに、アンケート調査を実施しました。

調査結果

Q.健診求人を選ぶ際に、重視する内容や条件は何ですか? ※複数回答(3つまで)
「アクセス・通勤方法」「給与」を重視する人の割合がそれぞれ7割を超えました。働きやすい立地なのか、そして業務に見合った給与なのかが重要なのですね。一方で、業務の忙しさに関わってくる「担当予定の受診者人数」を挙げる医師は意外にも5割を切りました。

自由記載欄では、「すべての項目が重要!」と回答された医師もいらっしゃいました。常勤がオフの日にスポット勤務で入ることも多い健診業務。大切な時間を使うのですから、勤務内容をしっかり検討することは当然ですね。

健診求人を選ぶ際に、重視する内容や条件は何ですか?

Q.健診求人を選ぶ際に、避けたい内容や条件は何ですか? ※複数回答
半数以上の医師が避けたいと回答しているのが、「乳房触診」「直腸診」「読影業務」、そして「外来対応や内視鏡検査など 健診以外の業務を含む」こと。「特になし」は2%にとどまりました。やはりそれぞれ避けたい勤務条件はあるようです。

健診求人を選ぶ際に、避けたい内容や条件は何ですか?

Q.今後、健診業務で勤務したい施設はどれですか? ※複数回答
「健診専門施設」「病院内または併設の健診センター」「クリニック」「病院」とすべてを選択される医師も多数ではありましたが、「健診専門施設」「病院内または併設の健診センター」が、とくに人気のようです。

今後、健診業務で勤務したい施設はどれですか?

Q.健診業務に従事される理由、魅力は何ですか? ※複数回答
ストレートに健診業務の魅力を尋ねたこの質問!7割以上の医師に指示された魅力が「自身の都合に合う日時に勤務しやすい」ことでした。次点で、半数近くの医師が「業務負担が比較的少ないから」という理由を挙げています。

スポット勤務で自身の空いたスケジュールの中での勤務ができることと、当直やオンコールが無くQOLを重視した働き方ができることがポイントでしょうか。そして、健診求人は案件数も非常に多いです。自分自身の条件に見合った日程や場所を豊富な案件から選択できるのも特徴ですね。

健診業務に従事される理由、魅力は何ですか?

Q.健診業務において、医師に必要な要件は何だと思いますか? ※複数回答(3つまで)
「受診者やスタッフとのコミュニケーション力」が必要と答えた医師が77%に及びました。健康診断の受診者は、基本は不調を抱えていない段階で訪れているので、通常の診療とはコミュニケーションの取り方が変わるのかもしれません。

また、ともに働くスタッフとのコミュニケーションも重要。はじめての現場で業務を円滑におこなうためには、何よりもスタッフとのコミュニケーションが求められます。実際、医師採用時に医療機関から問われることも多いスキルなんです。

健診業務において、医師に必要な要件は何だと思いますか?

秋はスポットで健診業務にチャレンジ!

自分自身の仕事やプライベートの都合に合わせて勤務しやすいという魅力のある健診業務。一方で、通常の診療とは異なる患者が対象となるので、普段とは違ったスキルが求められるという難しさもあります。

求人案件は日々更新されているので、スケジュールや勤務地などの条件が合う求人があれば、ぜひチャレンジしていただきたいですね!エムステージの「Dr.アルなび」では、現在「秋の健診&インフルエンザ予防接種」求人特集を開催中!一度、覗いてみてはいかがでしょうか。

【調査概要】
「Dr.アルなび」健診に関するアンケート
集計期間:2018年8月31日(金)~2018年9月7日(金)
有効回答数:124名(男性81名・女性43名)
調査対象:Dr.なび会員のうち、スポットでの健診勤務歴のある医師
調査方法:インターネット調査