Social Activity 社会活動

私たちエムステージグループは、
国際社会の取り組む
持続可能な
開発目標(SDGs)の達成に貢献します。

SDGsとは

2030年までの国際目標として、持続可能な開発目標(SDGs)が2015年9月の国連サミットで採択されました。「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会を実現するため、17のゴール・169のターゲットから構成されます。

SDGsへの取り組み

私たちのミッションは「すべては、持続可能な医療の未来をつくるために」。
SDGs17のゴールのうち、「3.すべての人に健康と福祉を」を中心に、下記活動によって複数の目標達成にコミットします。

医療者の多様な働き方を支援

医療者の過重労働は医療崩壊を招きかねない社会問題となっています。その原因は多岐にわたり複雑に絡み合っていますが、医療機関での医療者の柔軟性の不足した働き方とそれによる医療者の離脱、医療者の偏在・不足も一因として挙げられます。
私たちは、医療者と医療機関とのマッチングを通して、その医療者のワークスタイル・ライフスタイルに合わせた働き方の実現を支援しています。非常勤での勤務、企業での勤務など、多様な働き方も提案。
医療者が最大限活躍でき、その結果すべての人が健康と福祉を享受できる社会を実現できるよう事業を展開してまいります。

関連サービス

医師の転職情報サイト Dr.転職なび医師のアルバイト情報サイト Dr.アルなびM.STAGE Agent医療求人なびM.PLAT 求職支援M.STAGE 産業医求職支援M.STAGE 産業保健師紹介・サポートjoy.net

医療機関の採用力向上に貢献

地域や診療科目ごとの医師の偏在や医療経営職の不在は、医療機関に経営の危機を招き、患者の健康を脅かします。各ポジションの人材の招聘は医療機関の大きな課題です。
医療機関にただ医師・医療経営職を紹介するのではなく、状況をお伺いし、個々の医療機関にマッチする人材をご紹介するのが私たちの役目。全国11拠点のエムステージグループのネットワークやプロモーション活動を通じて、採用難に喘ぐ地域の医療機関への支援も行います。
誰もがどこにいても安心して医療を享受できる社会を実現できるよう努めてまいります。

あらゆる企業・団体の産業保健を支援

長時間労働や過労自殺が社会問題となっている中で、健康的に働く職場づくりに産業医の存在は欠かせません。産業医は労働安全衛生法によって50人以上の従業員が働く事業所に選任が義務付けられていますが、職場巡視ができていない、高ストレス者や長時間労働者への面接指導を行っていないなど、実働していないことも多いのが現状です。
私たちは、実働ある産業医のご紹介から企業・団体の産業保健のサポート、産業保健実施者の教育を行うことで、この課題だらけの産業保健にメスを入れ、意義ある活動を実現します。すべての働く人の健康増進、企業の生産性向上、医療費の適正化に貢献してまいります。

関連サービス

M.STAGE 産業医紹介・サポートM.STAGE 産業保健師紹介・サポートサンポナビ はじめる、つづける、変わっていく

医療機関の採用力向上に貢献

私たちは、全国の医療機関より日々状況をお伺いし、多くの求職中の医療者からご自身の働き方の希望をお伺いします。国民の健康を支える医療者・医療機関の皆様の熱意に触れ、そのエネルギーを最大限活かすべくサービスを提供しています。
また、産業保健事業においては提携企業ともタッグを組みながら、意義ある産業保健の実現を目指しています。
エムステージグループ単独での力では、社会を変えるスピードに限りがあります。ステークホルダーとのパートナーシップを大切にし、目標達成へ向けて加速してまいります。

NPO・NGO団体への寄付活動

「Dr.転職なび」や「Dr.アルなび」での求職活動で貯めたポイントを、お客様から下記の団体に寄付していただいた際に、エムステージグループがポイントと同額の寄付をする「マッチングギフト制度」を実施。私たちの事業では現状カバーしきれていない領域において活動をするNPO・NGO団体の支援をしています。

3つの支援団体

国境なき医師団

紛争や災害、貧困などによって命の危機に直面している人びとに医療を届ける非営利で国際的な民間の医療・人道援助団体です。「独立・中立・公平」を原則とし、人種や政治、宗教にかかわらず援助を提供しています。1971年にフランスで設立され、現在は約70の国と地域で援助活動を行っています。

世界の子どもにワクチンを
日本委員会(JCV)

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会は、1994年、細川佳代子により設立された民間の国際支援団体です。1日4,000人と言われている「予防可能な感染症で命を落とす子どもたち」にワクチンを贈り、子どもたちの未来を生み出す活動を行っています。

Japan Heart

ジャパンハートは2004年、国際医療ボランティア組織として設立されました。「医療の届かないところに医療を届ける」を基本理念とし、日本から多くの医療者やボランティアを派遣し、実際の医療活動を展開しています。また、保健活動、人材育成活動、災害やエイズなどによる孤児たちの施設運営、視覚障害者自立支援活動など、活動は多岐にわたり、海外だけでなく国内の医療者不足が深刻な離島や僻地へ医療人材支援をしています。

豊富な社内制度による多様な働き方の推進

医師の働き方、企業・団体の産業保健に関与する私たちだからこそ、自社の働き方にも厳しく常に改善の目を向けています。
適切な評価。個々人の成長を促進する表彰制度。多様な働き方を認め、誰もが自身に合った働き方を選択できること。健康で働くことが何よりの生産性向上だという信念のもと行う健康経営。
働き方の見本となる企業を目指し、現状に満足することなく、常に改善を重ねてまいります。

エムステージグループの社内制度について